マイホームを有利に売却|どんな理由でも不動産売買で損しないようにするコツ

どんな理由でも不動産売買で損しないようにするコツ

マイホームを有利に売却

住宅模型とお金

ローンが返済できない場合

住宅ローンが返済困難になる可能性がある時には、任意売却という方法を早い段階で検討してみるべきです。任意売却にはブラックリストにのってしまうといったデメリットもあります。住宅ローンの返済ができているうちに、不動産の査定を受けてみましょう。不動産の価値がローンの残高を上回っていた場合には、通常の方法で不動産を売却することができます。オーバーローンとなってしまっているケースや、すでに住宅ローンを3ヶ月以上延滞してしまっている場合には、任意売却を検討するべきです。しかし、その場合でも、債務整理をすることで解決ができる場合もあるので、できるだけたくさんの解決方法を考えてみましょう。住宅ローン以外の借金がたくさんあるケースなら、債務整理をすれば解決ができることもあります。

タイムリミットに注意

住宅ローンを3ヶ月程度延滞をすると、保証会社が代位弁済をして、その後すぐに競売の手続きが開始されます。競売入札の開始まではまだ6ケ月程度の期間がありますが、決して余裕があるわけではありません。なるべく早い段階で任意売却の専門業者などに相談をしてみましょう。債務整理で解決ができる可能性がある場合には、弁護士にも相談をしてみましょう。任意売却には3ヶ月程度はかかると言われていますが、時間的な猶予があるほど良い条件で売却できる可能性が上がります。任意売却という手続きは複雑であり、経験と実力がある専門業者に依頼をすることが重要です。公式ホームページなどを参考にいくつかの専門業者に相談をして、比較をしてみましょう。