安く購入できる|どんな理由でも不動産売買で損しないようにするコツ

どんな理由でも不動産売買で損しないようにするコツ

安く購入できる

男の人

中古物件のメリット

都市部にある名東区で不動産を購入しようとすると、どうしても価格は高くなりがちです。そこで、お勧めの不動産が中古物件のマンションや戸建です。新築のマンションや戸建となると、かなり高くなり住宅ローンの返済も大変な額になりがちです。が、中古物件のマンションや戸建だと同じ条件の新築よりも価格が2割程安く手に入れることができるので、住宅ローンの負担を軽くすることができます。何より、中古物件はすでに建っている状態なので、わかりにくいとされるマンションや家の瑕疵がわかりやすいメリットがあります。新築の状態では、瑕疵があったとしてもわかりにくいものですが、中古物件の場合はすでにある瑕疵は目に見えてわかるので、それを踏まえて購入するかどうかを決めることができるメリットもあります。

将来を考えて

一生に一度の大きな買い物である不動産の購入を名東区でする場合は、中古物件がお勧めですが先のことを見据えた上で購入するといいでしょう。特に中古物件の戸建を購入する場合は、将来どのようにしたいのかを考えながら名東区で不動産を探しましょう。中古物件の多くは土地込の価格になっていることが多く、名東区でもお買得感を感じやすいものです。ただ、1981年以前に建てられた戸建の多くは今の耐震基準を満たしていないので、建て替えることが前提となります。また、法律が改正されているので再建築できるのかどうか、取り壊しの費用についても考慮して選ぶ必要があります。1982年以降のものは、耐震基準をクリアしており少し手直しするだけで住むことができる状態の良い物件が多いです。リフォームを前提にしているなら、アレンジのしやすい1982年以降の中古物件で木造在来工法がお勧めです。中古物件と一口に言ってもさまざまな状態のものがあるので、購入した後にどのようにして住むのかをイメージして購入するといいでしょう。